スプレットオンデマンドの魅力

日本で取引きが行える海外のバイナリーオプション業者の中でも、ハイローオーストラリアは、その信頼性や入出金の速度、充実した日本語サポートなどで、好評を博していますが、そのハイローオーストラリアの中でも、いま急速に人気を集めている取引ルールに「スプレッドオンデマンド」というものがあります。

これは、今も顧客からの高い人気を得ているペイアウト場率2.0倍の「スプレッドハイロー」と、最短でわずか1分での時間設定を持つ「オンデマンド」を組み合わせたものになります。

この取引ルールが解禁されたのは、2014年の9月になるのですが、そこから人気を集め始めて、現在もスプレッドオンデマンドは多くの投資家によって取引きが行われています。

スプレッドオンデマンドでは、取引条件の時間設定に、1分、3分、5分の3種類を用意しており、極めて短時間でのバイナリーオプション取引を行うことができ、取引ルールの基本は、バイナリーオプションの中でも最もポピュラーな「ハイ&ローオプション」をベースにしていますので、誰でも簡単に取引きルールに馴染むことができます。

短時間の取引きになりますので、相場の分析がしっかりと行ったとしても、予測を的中させることは少々難しいかもしれません、しかしながら、こうしたデメリットを抑えておくことで、これに対する抗策を練ることも可能であるため、しっかりとした認識をしておく必要があります。

また、取引条件の価格設定に設けられたスプレッド幅も投資家を悩ませる要因の一つになります。
ハイローオーストラリアでは、スプレッドハイローが元から人気になっていますが、このスプレッドは相場の売値と買値の幅の事を指しており、スプレッドオンデマンドの取引ルールにおいては、価格設定の上下に値幅を設け、相場レートがその幅内に収まって取引きが終了した場合には、アウト判定となり投資した金額が、ハイローオーストラリアの総取りとなります。

このスプレッド幅は、相場レートの動きによって変動されており、相場レートの変動た停滞するレンジ相場ではおおよそ0.3pipsほど、また、相場レートが大きく変動していくレンジ相場の場合には0.8pipsほどとなっており、日本の円のでいえば、0.3銭から0.8銭と比較的に小さなものになっています。

こうしたことにより、相場の予測の範囲内にこのスプレッド幅の存在も考慮しなくてはならず、分析の難易度を上げています。

しかしながら、こうしたことにより、短い時間で連続して取引きが行える小回りの良さ、投資効率、また、何よりも2.0倍という大きなペイアウト倍率が、このスプレッドオンデマンドに、より高いい自由度と戦略性を与えているのです。

スプレッドオンデマンドという取引ルールを導入し、ますます人気を集めているハイローオーストラリアは、取引業者としての国内での評判も高いため、バイナリーオプションなどの投資取引きが初めてという人にもお勧めできる業者なのです。